院長の紹介

ごあいさつ
真鈴川 聡

ごあいさつ

当院は、神経内科を中心とする病気の正確な診断と治療を行うだけではありません。家庭や社会のサポートの中で、患者様が病気とともに歩み、患者様自身の人生の価値をより高めることをお手伝いすることを使命としています。 

神経内科では現代の医学を持ってしても、なかなか完治しない病気が多いのが現状です。病気の正確な診断や治療を前提として、患者さんが病気ととともに歩むことを最大限サポートしたいと考えています。 

脳梗塞やパーキンソン病、片頭痛、頸椎症などは、長く患者さんに負担を与えるものだと言われています。病気を受け入れ、上手に付き合って行くための医療サポートを行い、本人と家族にとって心地よい環境を提供したいのです。


院長 真鈴川 聡

三重県出身
平成2年 三重大学医学部卒業 

趣味:水泳、ランニング、サイクリング、トライアスロン、フットサル

職歴

平成2年より名古屋第二赤十字病院 内科研修後、神経内科勤務
平成5年より三重大学医学部附属病院 神経内科勤務 
平成9年より山田赤十字病院 神経内科勤務 
平成10年より  鈴鹿中央総合病院 神経内科勤務 
平成15年より  三重県立志摩病院 神経内科勤務 
平成17年より  鈴鹿中央総合病院 神経内科勤務 
平成18年8月 ますずがわ神経内科クリニック開院 


日本神経学会専門医・指導医 
日本東洋医学会漢方専門医・指導医 
日本内科学会認定内科認定医
介護支援専門員 

日本内科学会 評議員
日本神経学会 東海北陸支部 役員
日本東洋医学会 東海支部 役員
日本東洋医学会 東海支部三重県部会 会長


早朝ランニング 鈴鹿市内の風景