認知症について



 認知症は、記憶障害で発症することが多く、緩徐に進行します。

大脳の神経細胞が年齢よりも少なくなる病気で、高齢になるにつれて発症しやすくなります。


認知症について

認知症に気付く日常の変化としては、次のようなものがあります。    

・ 置き忘れやしまい忘れが目立つ
・ 蛇口やガス栓の閉め忘れが目立つ
・ 時間や場所の感覚が不確かになる
・ ものの名前が出てこなくなる  
・ 同じことを何度も言ったり、尋ねたりする  
・ 財布やお金、物を盗まれたというようになる

認知症について

治る認知症と治らない認知症を区別することが重要です。 

治る認知症  →2次性認知症 
治らない認知症→1次性認知症 

2次性認知症の原因は多くの病気がありますが、うつ病や水頭症、硬膜下血腫、内分泌や腎臓・肝臓の病気などがあります。
1次性認知症には、アルツハイマー型認知症、レヴィー小体型認知症、前頭葉型認知症などの病気があります。 

これらを鑑別し、適切な治療を行い、介護の方法を説明します。


物忘れを主訴として来院される患者様へ

H28年より物忘れ外来の予約を始めました。 

物忘れを主訴に来院される方は、電話予約をお願いします。 

家族など日常生活の状況がよくわかる方と来院してください。
日常生活の様子を時間を追って箇条書きにして持参していただけると助かります。 

最初におかしいなと思った時期と具体的な症状は何でしょうか?
現在困っている症状はどのような言動でしょうか? 

最初に15-30分 家族の方から状況を伺います。
診察後、頭部CTなどの画像検査を行い、簡易高次脳機能検査を行います。
胸部レントゲンや心電図、血液検査を行う場合もあります。
総合病院で頭部MRIやSPECT、詳細な高次脳機能検査などを予約する場合もあります。  

検査終了後、本人と家族に診断結果と病気の仕組み、今後の対応方法など説明します。


認知症となる主な病気

アルツハイマー型認知症

・認知症をきたす疾患の中で一番多い
・脳の神経細胞が減少→脳の萎縮→知能低下
・初期の症状は,徐々に始まり,ゆっくり進行するもの忘れ    
・古い記憶は保存,最近の出来事を覚えることができない      
 →同じことを何度も何度も聞きかえす、物の置き忘れなどが増加
・初期には運動麻痺や歩行障害、失禁などの症状は無い
・頭部CTやMRIでは,正常かやや脳萎縮が強い程度
・大脳皮質連合野・海馬にβアミロイドの蓄積  
 →タウ蛋白の蓄積,神経細胞のネットワークの破壊


認知症について

レビー小体型認知症

◎認知機能の変動、幻視、パーキンソン症状が出現する疾患


1)認知機能の変動

時間や場所、周囲の状況に対する認識や会話時の理解力など、悪い時と良い時の差が大きい 

2)幻視、視覚認知障害
実際には存在しないものが見えるという症状。人や子供が見えると言われることが多い。幻視は夜間に増加。 家族を偽物だと思うこともある  

3)パーキンソン症状
パーキンソン病の運動症状を参照

その他の特徴 

  • 初期には認知機能低下を伴わないこともある。短期記憶障害はアルツハイマー病よりも軽度のことが多い 
  • レム睡眠行動異常症(RBD)=筋緊張の抑制が障害されるため、夢を見ながら夢のなかの行動を実行する 
  • 抗精神病薬など脳に作用する薬に対する過敏性。特に抗コリン作用のある薬剤で悪化しやすい。 
  • 高度の自律神経障害(起立性低血圧、尿失禁、便秘、発汗過多、体温調節障害 など)を伴うこともある 
  • 幻視以外の幻覚,妄想,うつ症状を伴うことも多い 
  • 繰り返す転倒・失神 一過性で原因不明の意識障害 

幻視が強く出るタイプや、パーキンソン症状が目立つタイプなど、人によって症状の出方や進行の速さに差が大きい。


認知症について

前頭側頭葉型認知症

  • 前頭側頭葉変性症(frontotemporal lobar degeneration)ということもある
  • 一次性認知症の約1割を占める
  • アルツハイマー病に比べ発症が若いことが多い 
  • 初期にはもの忘れは軽度 
  • 人格変化が中心で,自己中心的,短絡的な行動,意欲低下,だらしない行動が多い
    →精神科疾患のようにみえることも多い 
  • 食事の好みの変化(甘いものや大量飲酒),繰り返し行動,言語障害(漢字が書けない,読めない)なども出現 
  • 脳CT・MRIでは前頭葉・側頭葉の萎縮 脳血流検査では前頭葉や側頭葉で血流低下

認知症について

脳血管性認知症

 脳梗塞,脳出血,脳動脈硬化
→神経細胞に酸素や栄養が供給されない
→神経細胞死,神経ネットワークの破壊
→意欲低下、複雑な作業が困難、自発性低下など 


◎症状が突然出現し,階段状に悪化

  • 障害部位により症状は異なる 
  • 脳血流の変動→症状の変動が激しいことが多い 
  • 「まだら認知症」=影響を受ける脳の部位が限定 →できることとできないことがはっきりしている

認知症について


もし、認知症になってしまったら・・・・・

一般的には、社会資源を最大限活用し、できるだけ在宅を維持することが望ましいです。
介護保険を活用し、デイサービス、デイケア、ヘルパーなどを利用します。 

そして、日常生活の習慣を出来るだけ変化させないことが大切です。 

新しいことが記憶できないので、環境の変化に対応できません。
毎日同じことを繰り返すことにより、学習させることが重要です。
基本的にはそのまま受け入れるしかありません。
訂正、否定、叱責、説得などは避けてください。 

症状が悪化した場合には、速やかに受診してください。